閉じる
ホーム > NDSニュース > テクノセンター情報 > 信号機点灯のための配線作業
NDSニュース

テクノセンター情報

信号機点灯のための配線作業

展示物である信号機を点灯させるため、配線作業を行いました。

信号機の現示を切り替えるため、簡単な回路を組んで制御を行っています。制御部と信号機の間は本物の信号ケーブルを使用しています。信号ケーブルは損傷に強くなっているため、機器に接続するためには端末処理という作業が必要となります(写真)。機器に入る部分の外装を切り、内部の電線を使えるようにします。

普段の仕事でこのような作業をすることは無いですが、設計する上で作業量を把握しておく必要があるので、良い経験となりました。

NDSニュース一覧へ戻る

ページ上部へ戻る