閉じる
ホーム > 表彰
会社案内

表彰

表彰

日本鉄道電気設計株式会社が、これまでに受賞した社内外の表彰についてご紹介します。


東日本旅客鉄道株式会社より感謝状受賞

2018年6月6日、東日本旅客鉄道株式会社東北工事事務所髙田所長様より9件の設計に対し、感謝状をいただきました。
受賞した9件のうち、下記2件をご紹介いたします。

東北新幹線(盛岡・八戸間)連動・ATC装置等取替設計に対する感謝状受賞

東北新幹線(盛岡・八戸間)の連動装置・DS-ATC装置は、十数年が経過し老朽取替時期を迎えたので、東北新幹線の他区間にも既に導入されている連動・ATC統合型装置(SAINT)および無線ATC(RS-ATC)に更新しました。この更新により、JR東日本管内の新幹線信号システムが全線区同一システムとなり、新幹線の更なる安全・安定した列車運行を実現しました。
当社では、限られた工期のなかで信号設備の設計を行い、早期の工事着手と円滑な施工の実現に貢献しました。

担当者の感想

新幹線の連動装置更新は、東北支店として初めての設計でした。
在来線に比べ、設備を構成する機器も多く戸惑うことも多くありましたが、お客様と密にお打合せさせていただくことにより無事に完成させることができました。私自身、東北新幹線を利用することが多いのですが、自分が設計したものが形となり、地域に貢献できていると思うととてもやりがいを感じるとともに自信に繋げることもできました。
今回、設計業務を通して新幹線の安全性向上に寄与することができ光栄に思います。

東北新幹線トンネル内携帯電話不通区間対策(二戸・七戸十和田間)設計に対する感謝状受賞

東日本旅客鉄道株式会社では、新幹線トンネル内の携帯電話不通区間対策を推進しています。
当社では、2017年度に東北新幹線二戸・七戸十和田間(36km)トンネル箇所に携帯電話基地局・子局装置・アンテナ・光ケーブル・電源ケーブル等の新設設計を実施し、携帯電話サービスの利便性向上に貢献しました。

担当者の感想

新幹線トンネル内の携帯電話不通区間対策の現場測量は夜間の作業で、立ち入り場所が1ヵ所だったため毎晩5~10kmを徒歩で移動し、また0.3Km間隔に基地局を建設する設計だったので時間に追われた測量設計になりました。スマートフォンによるインターネット接続環境の拡大が高まる中、JR東日本がトンネル内での携帯電話の利用環境整備を進めるという設計に携わることができ、完成に貢献出来たことに感謝致します。

———————————————————————————————————–
その他、以下の7件の設計に対し、感謝状をいただきました。

・連動装置取替(大規模駅) 【土崎駅】
・連動装置取替(Ⅱ期工事) その2【東北所管理分】
・東北新幹線トンネル内携帯電話不通区間対策(二戸・八戸間)
・東北地方太平洋沖地震に伴う災害復旧(山田線)
・青森車両センター機能移転整備
・羽後本荘駅東西自由通路新設および橋上化
・奥羽本線青森駅自由通路整備


東京駅丸の内駅前広場エリアの整備事業への貢献に対し感謝状受賞

2018年5月31日、東日本旅客鉄道株式会社より感謝状をいただきました。
これは、東京駅丸の内駅前広場エリアの整備事業において、極めて厳しい条件の中で詳細な現地調査を実施し、電気設備等の最適な設計提案を行い、交通結節機能の拡充および日本を代表する格調と賑わいある新たな都市景観の創出に貢献したことによるものです。 

表彰式の様子
表彰式の様子
東京駅丸の内駅前広場
東京駅丸の内駅前広場


設備被害拡大防止および列車運行確保への貢献に対し感謝状受賞

 
 2018年124日、東日本旅客鉄道株式会社 新潟支社 新潟電力技術センターの角田所長より、設備被害拡大防止および正常な列車運行の確保に大きく貢献したことに対して、感謝状をいただきました。
これは、信越線東光寺・三条間にて設備調査中にMTコネクタの断線を発見した際、速やかに関係各所へ連絡したことによるものです。

 

担当者の感想

 関東に大雪を降らせ、交通機関を麻痺状態にさせた最強寒波が新潟県に移動した日のことでした。強風と積雪は約50cm程度ある天候の中での早朝からの現場調査でした。たまたま上空を見上げて電車線設備を確認したところ、MTコネクタが断線しているのを発見しました。当日は新潟電力技術センターの監督者と立会いがあり、直ちに報告しました。今回の発見は、設計会社の社員として当然のことをしただけですが、気象条件が厳しい雪国での調査に努力していることに対する成果と受け止め、今後も努力していく所存です。

 


ページ上部へ戻る