閉じる
ホーム > NDSニュース > レポート > 教育用電車線金具の説明
NDSニュース

レポート

教育用電車線金具の説明

近年、各種プロジェクトが迅速化・複雑化しており、施工方法・施工ステップ検討の重要性が増しています。そして、NDSの設計にも、施工への配慮することが求められています。

今回、各種「電車線金具」を整備して、特に若手社員が施工方法・施工ステップについての知識を深めるための教材としました。普段はCAD図上でしか見ることができない、金具類の重量感・サイズ感を実感することができるため、施工側の苦労を体感できます。

現在、標準的な電車線形式の「シンプルカテナリ方式」のものが中心ですが、今後は他の設備でも広げていきたいと考えています。

図1 教育用電車線のイメージ
写真 「ちょう架線保護カバー」・「曲線引金具」・「ダブルイヤー」の一部

 

写真 説明時

 

 

 

NDSニュース記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る