HOME > クロストーク
特別企画2012年入社同期対談

二人は2012年入社の同期同士。
志望動機も現在の部署も異なる二人が、同じNDSの一員として鉄道設計にかかわる中で、
今の率直な悩みや環境の違いを話していただきました。
初めは対談に緊張していた二人も、そこは同期同士。
次第に打ち解け「日本の鉄道の未来」を本音で語り合っていました。
その姿に連綿と受け継がれてきた日本の鉄道を守る技術者たちの、プライドを垣間見ることができました。

人の目に見えるものを作るって、できた時の達成感がある。

新井田もともとあんまり鉄道が好きっていうわけじゃなくて、就職する時に生活に関わる仕事をしたいっていうのがあった。そんな折、鉄道関係の合同説明会があって、大学でも電子回路やってたし、折角だから受けてみようって、実は電子回路はあんまり関係なかったんだけど。だからどうしても鉄道関係の仕事っていうのは、あんまりなかったかな。大学行くのに必然的に電車に乗るので、「あっ、鉄道も」見たいな感じで。

小貝自分は、そもそも小さい時から鉄道が好きで、しかも電気の設計の仕事に興味があったので探したら、日本鉄道電気設計って、そのまんまじゃんという感じで。実は子供の頃に読んでた雑誌で、鉄道を無線で制御する話が出てたんだよね。その頃はなんとなく格好いいなって興味があって、将来こんな仕事に就きたいなって夢があった。実際会社入ったら、ATACS(デジタル無線を用いた列車制御システム)をやってみないかって言われて、仕事を任されたんだよね。

03

新井田子供の頃の夢を、本当に叶えたんだ。俺なんて、なんか申し訳ないなぁって感じだな。

小貝会社入ってどうだった?

新井田やってる内容は大学の時とは違うんだけど、楽しいよね。電車線部は、柱とかにかかってる電車線とか人に目に触れるものをつくるから、出来た時に達成感がある。そいう事が出来るのは、この会社のいいとこだと思う。成果物が目に見えるというか。

小貝もう、実際設計したところは形にはなってる?

新井田いや、まだない(笑)、残念ながら。先輩はやったところを通るたびに、「ここやったんだって」嬉しそうに話してくれる。

04

だから、いま手がけている路面電車が完成すれば北陸新幹線が出来上がった時、テレビで盛り上がったみたいに同じくらい盛り上がればいいなって。やっぱり形になってくる俺も後輩に「自分がやったやつだって」。そういうのが言える仕事っていうのは、形になる仕事だから。

小貝自分だと埼京線で設計が終わって、もう工事が始まってる。まぁ、100%自分の設計した通りって訳じゃなかったんだけど。

全く同じことが通じないから、頭を使うしその分やりがいがある。

新井田鉄道経験がうち会社の場合は3年で責任者の資格を取れるから、そこから仕事の内容がガラッと変わってくる。やっぱり作業計画たてたりとか、工程とかね。実際設計するにあたって、現場を見に行かないと始まらない仕事なので、現場を見に行って求められてるものをつくるためには、どこにどういうものを建てなきゃいけないとか、ここだったら建つけど、ここはものがあって邪魔になるから建てられないとか。そういった現場を見た上で、設計していく。正直、会社入るまでは図面がすべてだと思ってたんだけど、図面の後のお金の計算っていか、じゃあ、それを作るためにはいったい幾らかかるのかを調べるまでが仕事なので。やることが多いよね。

小貝そうそう。さらに、それで出来るだけコストダウンするためにはどうしたらいいかっていうのも提案させてもらったり。それがうちのコンサル力で、社長の掲げるコンサル力強化にも繋がってくるんだよね。この仕事の特徴として、絶対同じ場所に同じものを作るっていうのが無いじゃない。建売住宅とかと違って毎回毎回、場所と条件が変わり、求められるものも違う。だから本当に頭を使うというか。何回設計しても悩みが尽きないというか。その分やりがいがある。

新井田施工方法も工程も考えないといけないしね。

小貝図面はいくらでも書けるけど、実際に工事できるというとこでまた頭を悩ませないといけないんで。

新井田今やっている路面電車は、そういうので施工ステップはかなり丁寧に作ってほしいというオファーがきている。実際にはまだ先の話なんだけど、いまのうちにちょっとずつ考えておかないと、あとあと詰まると思う。JRさんだと専用敷地内だから、どかしてもらって柱建てる事も出来るけど、路面電車は歩道とかに建てなきゃいけない。そうすると車の信号の邪魔になるからだめとか、ここだと歩行者の邪魔になるからだめとか、ここに建てると地下にNTTの回線があったりとか、制約が多くて建てられる位置がほぼない。その制約を突破するのがかなり大変。

05

小貝大変だけど、うまくはまって完成した時には達成感があるよね。

新井田そう。路面電車だと普通に人が歩くところに建てなきゃいけないから、そうすると人の目につくからデザイン性まで考えなきゃいけない。安全性かつデザイン性。で、コストダウンも求められる。大変だからこそ出来た時の達成感があるんだけど。

小貝信号の仕事って、本当に列車の安全運行に関わる仕事なので、今のところ安全に関する大事な部分はJRさんが担当していて、それをもらったうえで設計しているので、将来的には信号システム全体に関わって根本的な部分から設計していきたいと思って。

新井田基本的に電車線は安全とか考えて高い場所にあるでしょ。単純に、危ない作業だなって思うんだよね。かなり重いし。

小貝そういった現場を知る事って、自分でやってみないと解らないよね。そういう意味では、入社後の研修はかなり役立つよね。

新井田電車線の研修は基本的に訓練用の線路とかあって、実際の現場作業が体験出来る。実物を目の前で触ったりするから、結構危ないんだなって実感する。どうやって安全に作業をするかっていうのが大事。実際にやると結構高い場所で作業するから本当に怖いなって思う。
その後、工事会社にも3ヶ月間行って現場見るから、実際の設計に役立てられる。現場を知らないで設計すのは難しいし。出来るだけ安全にかつ早くやるにはどうしたらいいかっていう事は大事だよね。

小貝信号は終電から初電までの3時間で設備を入れ替えなきゃいけなくて、実際に研修中で切替っていうのはやらないんだけど、信号機が動くための設備を実際に自分たちで図面書いて、ものを作ってその設備でちゃんと信号機が変わるっていうのを確認するとか。研修の配電作業だけでも相当時間がかかるから、設計では出来るだけシンブルに、電車1日止めていいんだったら複雑でもいいんだけど。シンプルに良いものを作らないと。

新井田大変だね。信号なんかね、ミスなんかあったら電車動かないもんね。根幹だよね、列車を制御するっていう。

新しい技術によって、海外でも日本の鉄道発注が増えきてる。

小貝日本だと新幹線って安全で有名で、大地震が来た時あれだけで済むっていうのはすごいレベルなんだよね。だからもっと日本の鉄道は安全なんだっていうのを世界にアピールしたいっていうのはあると思う。
在来線でも地震計をもうちょっと早くしようっていうのはある。自分はあまり関わんなかったんだけど、準備段階で若干関わったくらいで。通信の分野では、信号だと出来る限り故障を減らそうという事で設備の取り換えですね。新しい設備。私がやっているのは埼京線は、今までケーブルを使って列車を制御してたのを無線でやろうとしている。これからもどんどん新しい技術が出てくるから、それを吸収しつつ提案出来るように。

新井田実際に新しい技術を取り入れていて、海外でも日本の鉄道発注増えきてるからアピールになるし。

小貝そういえば、英会話の研修受けてたよね。

06

新井田今すぐに必要ってわけじゃないんだけど、実際に会社でも海外の仕事も増えてきているし。英語はやっといた方がいいと思って。

小貝信号でいうと世界的に見ると、今の日本の信号システムは独自の技術で、海外ってなるとまた海外の基準とか勉強しなくちゃいけなくて。国内でもJRと路面電車でもいろいろ違うしね。ルールを学ぶにも英語でやっぱ出来ないと。今後のためにも英語はガンガン鍛えておくべきかな思うよね。

新井田海外だと、台湾かどこかで完全に1路線充電式の電車を作っているらしいんだよね。日本では烏山線の一部。駅で充電して。私の1つ上の先輩が手がけていて、その区間は電車線がなくスッキリしてるんだよね。そういうのが理想なんだと思う。

07

小貝仕事なくなったりして(笑)

新井田(笑)まあ、実際には電気を扱ってる訳だからそういうことはなくて。

小貝烏山線って、急速充電だからケーブルとかも太くないといけないしね。

新井田信号は?

小貝 まずは、設備の二重化。1系統ダメでも、もう1系統みたいな。とにかくトラブルを防ごうと入替えが進んでいる。その他には、無線を使って完全に電車を制御するっていうシステムかな。山手線とかって一方向にしか進めないんだけど、それが完全に無線で制御できればバックすることが出来る。究極でいうと仮に上り線にトラブルがあったら、一時的に下り線で走る事も出来るようになって、駅で両方向の行き違いをさせたり。
これって、今までハードウェアでやってた世界がソフトウェアの世界に変るので、列車運行が容易に出来るというか、設備の制約がなくなって列車運行ができると。臨機応変に。

新井田これって、電車が長時間遅れたりする事も減るから利用者にとって便利になるんだよね。

小貝信号の仕組みって、100年変わってないって言われてるんだけど、これからは急速に変化していくんだと思う。
今は結構重要な時期で。だから、通信部で2年勉強させてもらってた。

新井田えぇ、そうなの!!滅多にないよね。そんなこと。

小貝部長と話して、好きで入ったんだからって、言ってくれて。

新井田同期で入ってもやっぱり違うもんだね。

小貝お互い忙しくってたまに会った時ぐらいしか話せないからね。

先輩の意見を聞きながら、より良いものを作る。

新井田うちの会社は社員間のつながりが強い。けっこう部署が違っても飲み会とかってあるし。そうすると他の部署の先輩の方とかも来たりするんで。大きい会社だとそういう部署のつながりってないと思うんですよ。たまに社員との意見交換みたいなことで社長と一緒に懇談会っていうのもあるし。たくさんはやらないけど、そういう風に上と下が話し易くなってるのはいいと思う。

小貝やっぱり、人数が多すぎないって逆にいいところっていうか、社長とかに声が届きやすいって言うか、新しいことやってみたいって言うと、じゃあやってみたらって言ってもらえたりする。
実際、技術開発でやりたい事を伝えたら、理由さえ通っていれば予算つけてくれたりとか。

新井田そうだよね。ちゃんと会社としてもバックアップしてくれるし。会社を良くしていく事に関してはお金を惜しまない。環境面でも設計の仕事だからっていうか、ある程度仕事が計画的に進んでいれば自由な時間をつくれるし、プライベートな時間もしっかり確保できる。プロジェクトの間に、たまに長期の休みもとれたり。

小貝個人裁量みたいなことが多いよね。

新井田有休も定期的に使えて消化率も高いし。
社会人として、頼まれた仕事はちゃんとするって言うのは当たり前なんだけど、それ以上に期限より早く出来上がるっていうのも大事で、まだまだ先輩方の意見を聞きながら直したり、より良いものを作るためには大事だなって。

小貝1つの仕事も長いものだと1年以上かかったりするから、本当大きい仕事だよね。

新井田路面電車の仕事に関しては、まだまだ全景が見えないっていうか、設計が終わって工事だから実際に形になるのは相当先なんだけどね。大変なんだけど、楽しみだよね。

小貝日本の鉄道は安全性だけでなくて、地方の路面電車とかだとその街の名物になるんで、観光とか・・・。
同じ会社でも、それぞれ役割は違うから結構面白いよね。

新井田最近みんな忙しくて同期会もやってないから、またやりたいね。

08
私たちとともに、鉄道の進化をはるか遠い未来へと
繋げてくださる仲間を募集しています。