閉じる
ホーム > NDSの取組 > 安全への取組
NDSの取組

安全への取組

NDS安全文化の創造
自ら学び、感性を鍛える気付きの文化を創造する。

スローガン
 
「私たちは、ルールを守り調査・測量時の事故防止に努めます。」
 
「私たちは、技術を磨き安全・安定輸送に配慮した設計を行います。」 

実施事項
 私たち鉄道電気設備の設計者は、鉄道の安全・安定輸送をつかさどるルールを知得し、遵守することで安全な調査・測量を実施します。更に測量・設計時の労働災害防止対策は、自ら周囲の環境を知り「チームワークを駆使し、相互に声掛け」を行って確実な業務を推進します。


事故防止の徹底

  • 鉄道営業線区間は、労働災害事故防止(触車・感電・墜落)を徹底します。
  • 鉄道営業線内の業務は、作業内容の相互確認により、関係者との正確な作業を徹底します。
  • 鉄道営業線での作業後は、跡確認票で持ち込み工具や器材の名称及び数量を記録し紛失・忘れ物事故防止を徹底します。

仕組みの定着

  • 鉄道営業線の事故防止の仕組みを社内の安全推進会議等の実施により徹底します。
  • 安全パトロールは、形骸化のリスクを低減する為に、組織横断的な取り組みを実施します。
  • 安全ルールの遵守状況は、定期的にトレースを行います。

安全・安定輸送の深度化と設計への反映

  • 鉄道電気設備の保全に配慮した設計を提案し、工事や設備に起因する事故撲滅に寄与します。
  • 鉄道電気設備の施工状況確認を通し、実態を把握し、設計成果品に反映します。
  • 鉄道事業の安全と安定輸送の確保に貢献する設計を行うため、鉄道電気設備の学習と施工現場での体感研修を推進し設計成果品に反映します。

 

我々は設計業務の改善を日々継続し反復することで、
「安全、安定輸送に配慮した設計」を目指します。

 

 

ページ上部へ戻る