閉じる
ホーム > NDSトピックス > レポート > 海外の高速電気鉄道 -集電技術を中心としてー
NDSトピックス

レポート

海外の高速電気鉄道 -集電技術を中心としてー

三和テッキ株式会社 技術本部 技師長 
島田 健夫三 様(元 公益財団法人 鉄道総合技術研究所 電力技術研究部長)

講演会概要

プログラム

(1)世界の高速鉄道の延長と建設・運営体制の例

(2)世界のき電方式と海外の高速新線と新幹線の違い

(3)架線・パンタグラフの相互作用

(4)海外の集電系(高速電車線の構造とパンタグラフ)

(5)国際規格における海外と日本の違い

内容  日本と世界の高速鉄道は、その環境や発展形態の違いにより、多くの異なる点があります。本講演会では、電車線設備の形式・金具材料をはじめとして、鉄道の運営方法・メンテナンス方法まで、幅広い視点からわかりやすく比較してご紹介いただきました。

また、国際規格の重要性について、実例ともに解説してくださいました。

参加者の感想

冨田さん

本講演会では、電車線の比較だけではなく、駅設備や車両の違いまで、海外の貴重な写真や図を交えて視覚的にご紹介いただきました。そのおかげもあり、他系統社員や若手社員にも理解しやすく、興味深い内容でした。

また、安全面・性能面で世界に誇る「新幹線技術」は日本独自に進化してきたため、「国際標準」の面では非常に不利な状況にあることを知り、大変驚きました。今後、当社でも力を入れていく「海外業務」について、いままで全く気が付かなかった課題が見えました。

NDSトピックス記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る