閉じる
ホーム > NDSトピックス > 今月のひとこと > 市民マラソンについて
NDSトピックス

今月のひとこと

市民マラソンについて

 私が最近参加した市民マラソンについて、報告します。

 11月に、私が住んでいる上尾市のシティマラソンにハーフマラソンの部で参加しました。私は、この大会に4年連続で参加しています。日本陸上競技連盟公認のコースで、好タイムが出るコースということで有名なため、箱根駅伝に出場する学生がたくさん参加します。(優勝タイムは、1時間1分台)

 12月には、川口マラソン大会に初めて参加しました。こちらの大会では、10kmの部に参加しました。川口マラソン大会は今回で第37回目と結構続いていると感じたため、第1回大会の開催を調べてみました。第1回目の大会は昭和57年に開催され、その年には上越・東北新幹線が大宮暫定で開業した年でした。

 タイムは別として、2つの大会ともに、無事に完走することが出来ました。

 マラソンを走っていると、「何が楽しくて走っているのですか?」と、よく聞かれることがありますが、良いことはいくつかあります。①ストレス解消(何も考えない) ②走った後の爽快感③睡眠が深くなる。④大会に参加すると、会場に参加した人や沿道からの応援の人から元気がもらえる。

 今は、マラソン大会も沢山開催されています。初めからハーフ、10kmのコースは厳しいかもしれませんが、5kmや3kmのコースもあります。軽い身持ちでエントリーし、参加してみてはいかがでしょうか。いい汗をかいて、心身共にリフレッシュしましょう。

電車線部長 塚原元義

NDSトピックス記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る